配当金の税金

競馬にも税金がかかる

競馬にも税金がかかることになりますから、覚悟することです。
インターネットで馬券を買うことができるのですが、確実に申告しないといけないのです。
何しろ、しっかりと記録が残っていますから、税金を支払わないといけないのです。
ちなみに注意しないといけないのが、例えば、10万円が10倍になって、100万円になったとします。
その後、100万円で馬券を買って外れたとしても、前の百万円に税がかかることになりますから、これは覚えておくべきです。
但し、これからこれが確実に揉めることになり、インターネットなどで買っている場合、記録が残っているわけですから、それは経費の一つとして認めるべきである、ということが主張されています。
そもそも競馬というのは、公営ギャンブルですから、それには既に国に税金が課せられているわけですから、二重課税ではないかと考えられる場合もあります。
そのあたりが今から議論されることになるものなのです。

競馬で儲けても、税金に注意!

競馬で儲けた金額には税金がかからないと思っている人もいるかもしれませんが、実は競馬で儲けたお金は一定の金額以上であれば一時収入となり税金を支払わなければなりません。
それをしなければ脱税ということになり、さらに税務署からの追徴に応じなければ裁判を起こされる可能性もあります。
しかしここで気を付けたいのがその金額です。
仮に10万円分の馬券を購入して、100万円の配当金を得たとします。
その場合100万円(配当金)−10万円(必要経費)=90万円に対して課税されます。
もしそれ以外の馬券を90万円購入していて、全てはずれたとしても必要経費として認められないためトータルで利益がゼロだったとしても税金を支払わなければならない状況もあり得ます。
申告しなければばれないと考えている人もいるかもしれませんが、実際に裁判になっているケースも沢山あります。
これから競馬を楽しみたいと考えている人もその点には注意したい所です。

pickup

一宮市の不動産
http://www.taiseinoie.jp/
新宿の貸会議室
http://shinjuku-business-room.com/

最終更新日:2017/3/2

COPY RIGHT (C) 競馬マニュアル ALL RIGHT RESERVED